チーズは見つかった?

アクセスカウンタ

zoom RSS ガジェット 1巻 社会を書かない

<<   作成日時 : 2009/08/02 09:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

ガジェット 1巻を読みましたので、簡単な感想を書きます。少しネタバレを含みますので、気になる方は本を読んでから、こちらを見てください。

この本はセカイ系と異能バトル系の中巻に分類されそうです。前半は世界観を読者に理解してもらうのが目的と感じました。後半になると盛り上がってきます。ただ、バトルでの盛り上がりは、もう少しあっても良いと感じました。

この本では主人公に関係ない人達は次々と死んでいきます。しかし単調に書かれています。一方、主人公に関係のある人達は危機に陥ることはあっても死にません。また、危機に陥る場面は丁寧に書かれています。

おそらく主人公に感情移入させる手段なのでしょう。また、1巻で話しを簡潔させるために余分な部分を省いた結果なのでしょう。

ただし問題も少しあると感じました。それは社会を書かないことによる違和感です。事件が起きたら警察が来て事情徴収を受ける人がいるはずですが、その部分については何も書かれていません。またその理由も書かれていません。

私は、この問題に気づかないふりをしながら本を読み進めていったので、どうしても違和感が残ってしまいした。

この問題以外は面白くできているので1日で本を読み終えることができました。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ガジェット 無限舞台 BLACK&WHITEの感想レビュー(ライトノベル)
角川スニーカー文庫のラノベ、『ガジェット 無限舞台 BLACK&WHITE』(九重一木先生原作、植田亮先生イラスト)が発売中です。 表紙は本作品のメイン&... ...続きを見る
萌えレビュ!
2009/08/02 11:11
[現代異能バトル][ラノベ][シリアス]ガジェット 無限舞台 BLACK&amp;WHITE
ガジェット 無限舞台 BLACK&amp;WHITE (角川スニーカー文庫) 作者: 九重一木 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング) 発売日: 2009/07/01 メディア: 文庫 Amazon.co.jpで詳細を見る 「キャラの関係は面白いので、ストーリー展開を丁寧にかけばばけるんじゃない ...続きを見る
愛があるから辛口批評!
2009/09/08 22:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ガジェット 1巻 社会を書かない チーズは見つかった?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる