チーズは見つかった?

アクセスカウンタ

zoom RSS 蒼空のフロティアを始めました

<<   作成日時 : 2009/06/20 16:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

蒼空のフロティアというゲームを始めてみました。面白そうなので、しばらくの間、報告しますね。良ければ皆様も参加を検討してみてください。

蒼空のフロティアは、シナリオを作家さんが書き、それに対するアクションをプレイヤーが期限内に書くということを繰り返して話しを進めていくゲームです。今回の参加シナリオのタイトルは「霧深い森の中で、吸血鬼は唇を奪う」です。

シナリオは以下の通りです。

-------------------------------------------
シナリオ名:黒薔薇の森 / 担当マスター:鷹守真咲
 薔薇の学舎。

「君たちが新入生か」

 薔薇の学舎に入学したあなた達の目の前に、深紅の薔薇のマントをまとった男の姿を現しました。
 13人しかないイエニチェリの一人、ルドルフ・メンデルスゾーン(るどるふ・めんでるすぞーん)です。

「校長が選んでくる生徒は、みな美しいな。だからこそ、試練を受けてもらおう」

 薔薇の学舎に入った生徒はみな、タシガンの森の奥から一輪の薔薇を取って来てもらうというのです。魔族の島タシガンに相応しい漆黒の薔薇ということです。

「そう簡単にはいかないだろう。森の中には魔族……吸血鬼がいるからね。彼らは校長の美しさには感服しているが、我々学生には手厳しくてね。襲われるのは覚悟した方がいい」

 森の中には吸血鬼の一族が潜んでるというのです。
 彼らは全員男で、見る者を男女問わず蕩けさせるような笑みを浮かべますが、美しい唇からは魔の証である牙がのぞいていると言います。
 ただし、襲われると言っても殺される訳ではないようです。タシガンの森の吸血鬼は、唇から生気を吸ってくるのだそうです。生気を吸われると一晩意識を失い、その間に弄ばれてしまいます。

「その屈辱に耐えかねて自害した生徒もいたが……君たちならば無事だろう。さあ、向かいたまえ」

 ルドルフの言葉は優しいですが、イエニチェリの命令は教師以上の絶対的な命令です。
 あなた達は森に向かう事にしました。

「また薔薇学の生徒たちか……今回も慰みものにしてやるよ」

 学生たちを見据える数人の人影に、誰も気がついてはいませんでした。

 吸血鬼以外にも霧深い森の中にはモンスターや触手植物など危険が多くあります。それらの試練をくぐりぬけて、漆黒の薔薇を手に入れなくてはなりません!

-------------------------------------------

自分のアクションは以下のようにしました。
画像


そのうち次のシナリオが来ると思います。それまでのんびり待ちましょう。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
蒼空のフロティアを始めました チーズは見つかった?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる